第57回日本痛風・尿酸核酸学会総会

痛風・尿酸核酸ポスターデータ.png

日程 2024年2月29日(木)~3月1日(金)
会場 とりぎん文化会館
大会長 荻野 和秀(鳥取赤十字病院 循環器内科 副院長)
大会ホームページ https://www.kwcs.jp/tsufu57/index.html

大会長コメント

痛風・尿酸核酸学会顔写真かる.jpg

2024年2月29日(木)・3月1日(金)の2日間にわたり,鳥取市のとりぎん文化会館で第57回日本痛風・尿酸核酸学会総会を開催いたします.
本学会の重要な役割は,痛風や痛風の原因となる尿酸およびその代謝経路に関連する物質の基礎研究・臨床研究を通じて,痛風や高尿酸血症等の尿酸代謝異常の診療に寄与することです.今回の総会においても,全国から研究者が集まり,痛風・尿酸・核酸代謝に関する熱い議論が繰り広げられる予定です.
 特別講演では、米国コロラド大学のRichard J Johnson教授に高血圧・腎臓病等の病態・疾患と尿酸との関連についてお話しいただき(Web講演),教育講演では、大阪大学の齊藤達哉教授に痛風関節炎にも関連しているインフラマソームに関する世界的な研究をお話しいただく予定です。シンポジウムでは、今まで日本から世界に向けて発信してきた新知見を振り返る企画と痛風・尿酸関連の最新の研究のトピックスを紹介する企画を予定しています.
 本総会は鳥取市では初めての開催となります。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます.

 

page top